SAIBU

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

SAIBUとは、第7話「西部の男・研!」に登場したテーマパークである。

概要[編集 | ソースを編集]

SAIBU

ガンマンになり悪党たちと戦うことができる、アメリカ西部劇風のテーマパーク。名前の由来は、作中の決闘シーンに建てられていた看板に「SAIBU」と書かれていたことから。正式名称は「野茂と西部の町ロボット西部の町」らしい。 参加者には敵役がロボットであることは知らされていない。そのため、実にリアルなガンマン体験ができるようになっているんDA。

…と言うのは表向きの姿。本当は研をおびき出すジュラル星人の罠であり、敵役たちはロボットではなく劇団ジュラルだった。しかし結局みな研にやられてしまった。

なお、研は「セーヴェ」と言っている。「西部へ」の発音が悪かっただけかもしれないが、フランス語では「ai」を「エ」と発音するため、あながち間違いとも言い切れない。

SAIBU(細部)」のチェックをスタッフが怠ったためこうなった、という説もあるとかないとか!?

余談だが、チャージマン研!を制作したICHI(旧ナック)の本社は、かつてSAIBU西武新宿線沿線にあった(その後静岡県に移転)。

SAIBUグループ[編集 | ソースを編集]

チャー研の舞台を静岡と仮定し[1]、さらに伊豆の囚人島[2]の近くに泉家があると考えると、最寄りの西武グループ(西武百貨店)は沼津店[3]。また、静岡市に泉家があると仮定すれば静岡店[4]が、西のほうにあるとすれば浜松店[5]が最寄りだった。いずれの店舗も現在は閉店している。

ほかにも、伊豆箱根鉄道が駿豆線(三島~修善寺)を運行しているほか、西伊豆を中心にバス路線を展開している。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「茶ー自慢県」理論より
  2. 設定から考えて、最寄は下田市。
  3. 1957年開店、2013年1月末閉店
  4. 初代店舗は57年開店し、60年閉店。1970年に2代目店舗が開店し、2006年に閉店
  5. 1971年開店、1997年閉店