馴れーション

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

馴れーションとは、「チャージマン研!」におけるナレーション、およびナレーターの通称なんDA。

概要[編集 | ソースを編集]

「チャージマン研!」では、回によって出だしにナレーションが挿入されることがあるんDA。このナレーションは語尾にひたすら「~DA(だ)。」をつけることが多いので、馴れ馴れしく感じるんDA。 このことから、馴れ馴れしいナレーション、略して「馴れーション」と呼ばれるようになったんDA。だけど、ときどき語尾が「~です」と丁寧語になることがあるのです。君たちの中にも、思わず反応してしまう人がいるだろう?

ちなみに、ニコニコ大百科での馴れーションの項では、「馴ーション」と「れ」までカタカナになってしまったんDA。

「チャージマン研!」の世界の設定を解説してくれる、とても重要な役割を負っているのに、「馬鹿でかい」と大雑把な言い方をしたり、「かわいそうなお友達」とあまり感心できない言い方をしたり、 「専門的なことはともかく」と適当に話をはぐらかしたりする、困った奴なんDA。

なお、馴れーションの中の人は、チャー研における様々な出演者の声を担当していて、ちょっと疲れているんDA。特にムスカとは中の人繋がりとされることが多いんDA。

ときどき「塩沢偽人」と呼ばれることもあるのです。