記憶を無くした少女

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

記憶を無くした少女(きおく-な-少女)とは、「チャージマン研!」の第26話である。

本編[編集 | ソースを編集]

登場人物[編集 | ソースを編集]

あらすじ[編集 | ソースを編集]

車を飛ばして家路を急ぐパパママ。そこに女の子が飛び出してきた。急ブレーキをかけるが間に合わず、女の子は車にはねられてしまう。 女の子は泉家に運ばれ、ベットに寝かされていた。パパ曰く、命に別状はないという。パパが地方警察へと出かけた後、女の子は目を覚ました。

パパによると、彼女は事故のショックで記憶喪失に陥ってしまったらしい。パパは地方警察に掛け合い、新聞やテレビに写真を出してもらった。彼女の家族から連絡が来るまで、彼女を預かることに。これを研とバリカンは快諾した。

後日、宇宙ステーションへ遊びに行く研、キャロンバリカン、そして女の子。名前がないのは不便なため、キャロンは女の子に「ナオコちゃん」と名付けた。カプセル型観覧車に乗るナオコと研。その様子を望遠鏡で覗くキャロン。しかし望遠鏡を覗くとナオコの姿だけない。バリカンが覗くと、まさに豹変したナオコが研を襲うところだった。ナオコの正体はジュラル星人だったのである。研の首を絞め、カプセルから落とそうとするナオコ。研は落ちそうになるも何とかカプセルにしがみつき、変身する。 襲いかかろうとするナオコを研がかわすと、ナオコはカプセルから転落。地面に叩き付けられ炎上した。

パパの運転する車で家路につく一家。「そうと分かっていれば、あの時…」「あなたもう交通事故はこりごりよ」とママ。手段を選ばないジュラル星人に対し決意を新たにする研であった。

内容について[編集 | ソースを編集]

  • 設定崩回。そして着色が安定しない作画崩回。まあ、珍しくも何ともないが。
  • 車で轢いてしまった少女を抱き起こして大丈夫かいと問いかけるパパ。車で轢いてしまった人をむやみに動かすのは危険である。医者のすることだろうか。
  • 少女を自宅へ連れ帰り介抱した後警察に連絡するパパ。まずは救急車を呼び警察へ連絡すべきで、そのまま自宅へ連れ帰るなど言語道断である。だいぶ遅いとは言え、一応地方警察へ連絡しているだけマシだろうか。ただその後パパに何の処分も言い渡されていないところを見ると、何らかの隠蔽工作を行ったかこの地方警察が無能なのだろう。この無能さを指して「痴呆警察」と呼ばれたりもする。
  • 研はパパが轢いたことを謝罪するのだが、その言葉が「ごめんねー、僕のパパが君を車で轢いちゃってー」と、この上なく軽い。
  • バリカンが望遠鏡をのぞいた際、ジュラル星人であるナオコが写っていた。ジュラル星人は鏡やレンズに映らないはずなのだが…
  • ナオコが研に襲い掛かると何故かカプセル型観覧車のふたが取れる。ふたが取れる様子はちゃんと描写されているが、勝手に取れたように見え、何故取れたかは分からない。
  • カプセルから転落したナオコは、地面にたたきつけられるとなぜか爆発し炎上した。
  • パパが「新聞やテレビに写真を出してもらったから~」と言ってるが、後に少女の正体がジュラル星人だったことを踏まえると設定が矛盾している。どうやって写したのか。もっともパパが皆を安心させるためだけの言葉だったのかもしれないが…。

台詞[編集 | ソースを編集]

記憶を無くした少女の台詞書き起こし

影響を与えた主な作品リスト[編集 | ソースを編集]

  • ファイナルファンタジーIV
  • せがた三四郎・ボンバーマン編(頭から落下して爆発炎上するオチ)

前回・次回リンク[編集 | ソースを編集]