磯野キノコデブ

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

磯野キノコデブ(いその - )とは、「チャージマン研!」に登場するキャラクターである。のクラスメイトの一人の通称。

概要[編集 | ソースを編集]

手前中央が磯野キノコデブ

ぽっちゃり体型が特徴。第27話「燃える毒きのこの家」中のセリフ「よし決まりだ磯野(急ごう)」から来ている。ただ最近では、ほとんどの場合「キノコデブ」という呼び名を用いるため、「磯野」の部分は最早忘れられつつある。絵コンテで判明した本名は「[1]

第27話「燃える毒きのこの家」で初登場。38話「ジュラルのにせ友情作戦」、44話「研の偽者をやっつけろ!」でも登場し、3回出演している準レギュラーデブモブ。実は5回出演の吉阪博士に肉薄する登場回数。モブの癖に生意気な。 かつては、33話「僕のパパは時代おくれ?」で名前のみ登場した「まもる君」ではないかと言われていた。また、49話「不良少年の正体は!」には田中君という体格の似た少年が登場している。

キノコを食べる姿と棒読みセリフには定評がある。「アキノコガ」。この回ではキノコ作戦の被害に遭ったモブキャラの子供達の中でも結構台詞が多く存在感がある。準レギュラーモブ、研の同級生、キノコ回でのインパクトなどモチ代との共通点が多い。

38話「ジュラルのにせ友情作戦」では、研に何本もホームランを打たれるヘボピッチャー役も務める。しかしながら小学生にしてナックルボールを投げるという意外なテクニックを見せている。しかしこの回のヘボピッチャー、容姿は磯野キノコデブそのものなのだが、絵コンテでは名前が違い、清市という名前になっている。

出てくる度にキャストが異なるらしい。さすがナッククォリティ。

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. 「とおる」?