怪獣映画

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

「怪獣映画」とは、第35話「頭の中にダイナマイト」の冒頭で、バリカンキャロンが映画館で見ていた映画である。

概要[編集 | ソースを編集]

都市を破壊するティラノサウルスのような怪獣。そこにステゴザウルスのような、高層ビル街より巨大な怪獣が現れ、血が流れるほどの取っ組み合いをする。

ストーリー自体とはまったく無関係な所謂「尺稼ぎ」のシーン。研たちが映画を見終わるまで51秒ある。 37話「ハイジャックをやっつけろ!」冒頭の飛行機が飛んでるだけのシーンより長いが、ただ背景が流れるだけの37話に比べ、今回は動きがあり、苦痛に感じない。

怪獣の鳴き声は「ゴジラ」や「ガメラ」から無断借用している可能性がある。