怪しい花嫁

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

怪しい花嫁(あや - はなよめ)は、「チャージマン研!」の第53話(DVD版では51話)である。

本編[編集 | ソースを編集]

主な登場人物[編集 | ソースを編集]

あらすじ[編集 | ソースを編集]

チャペルにて結婚式を挙げる、新郎の山田くんと新婦のよし子さん。パパは山田くんの知り合いであることから、泉家は式に参列していた。花嫁姿のよし子さんにキャロンはうっとり。しかし、よし子さんが式に参列していた男に目配せしたのを研は見逃さなかった。

よし子さんのあの仕草が気になって仕方ない研。よし子さんが目配せしていた男を見かけ、バリカンとともに追跡する。建物の中に入っていった男。途中まで追跡していたが、結局引き上げた。男の正体はジュラル星人・J-1号。ジュラル星人たちは、海底局の新型潜水艦を爆破しようとしていた。新型潜水艦が就役すれば、ジュラルの海底基地の脅威となってしまう。そのため、海底局の技師である山田くんとX-7号を結婚させたのであった。

結婚後の初出勤日。玄関で見送るよし子さん。よし子さんは密かにネクタイピン型のマイクロカメラをネクタイに取り付け、ポケットにマイクロ爆弾を入れる。

海底局。新型潜水艦の建造を進める山田くん。その様子を、よし子さん(X-7号)たちジュラル星人はマイクロカメラを通じて見る。完成間近の潜水艦。ジュラル星人がマイクロ爆弾を爆破させようとした。しかし研が現れる。正体を現すジュラル星人たち。研は変身し、ジュラル星人の光線を避け、アルファガンで次々と倒す。それでも襲い掛かるジュラル星人だったが、結局アルファガンに倒された。

新型潜水艦の就役の日。処女航海に出る山田くん。なんでも、またお見合いの話があるという。「早く出航せんか!」半ば照れ隠しに叫んだ山田くん。潜水艦は処女航海へと旅立った。

内容について[編集 | ソースを編集]

  • ジュラル星人と結婚してしまった山田くん。それにしても、ジュラル星人は男にも女にも化けることができるのだろうか?
  • 海底局の建物には、「INTERNATINAL 海底局」とある。いうまでもなく、INTERNATINALはスペルミスで、正しくはInternational(国際)である。つまり、「"国際"海底局」となるが、"国際"とついているのはどういうことなのだろうか?

影響を与えた(であろう)主な作品[編集 | ソースを編集]

  • ウルトラセブン 第10話 「怪しい隣人」
  • 金田一耕助シリーズ 「ミイラの花嫁」

脚注[編集 | ソースを編集]