孤島の対決!

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

孤島の対決!(ことうのたいけつ)とは、「チャージマン研!」の第48話である。

本編[編集 | ソースを編集]

登場人物[編集 | ソースを編集]

あらすじ[編集 | ソースを編集]

ここは絶海の孤島。は岩に鎖で繋がれていた。研を取り囲む老婆とジュラル星人。空にはハゲタカが舞う。老婆たちは研を鳥葬にしようとしていた。ジュラルの円盤に乗り島を去る老婆たち。身動きが取れない研に太陽が容赦なく照り付ける。

ある日の学校帰り、老婆がチンピラたちに絡まれている場面に出くわした研は、チンピラたちをやっつけ老婆を助ける。しかしそれはチンピラたち(ジュラル星人)の罠だった。 喫茶店で、東京を案内すると老婆に提案する研。研が家に電話するために席を離れた隙に、老婆は研のジュースに薬を混入。研はそれを知らずにそのジュースを飲み干してしまう。 その後老婆に皇居を案内する研だったが、突如苦しみだし、倒れてしまった。

「そうか、あの時のおばあさんが…」ようやく気が付いた研。焼け付きそうなほど喉が渇き、ハゲタカは襲ってくる。しかし運よく雨が降ってきた。のどを潤すことができた研は変身。スカイロッドで円盤を追いかける。 気が付いた老婆たちは光線で攻撃するも、スカイロッドはそれをかわし円盤の前へ。そして円盤は爆発した。

飛んでいくスカイロッド。ジュラル星人に対し、闘志を燃やす研だった。

内容について[編集 | ソースを編集]

  • 数あるジュラル星人の作戦の中でも五本指に入るくらい回りくどい内容である。劇団ジュラル・二度手間・投げっぱなしとジュラル節全開である。
  • 鳥葬透明少年探偵アキラでもみられる。何かこだわりでもあるのだろうか。
  • 上記の最高に回りくどい作戦に加え、いい加減な雨の描写とよく解らない変装可能理由、タイトルと何の関係も無い戦闘に唐突に爆発する円盤、そして最後の日本地図と見所は多い。
  • MAD素材としてよく使用されている研のアヘ顔もある。