大仏操縦機

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

第14話「闇夜に消えた大仏」にて登場する装置。

概要[編集 | ソースを編集]

紺や緑が基調の台形の箱のような機械。あの例のジュラルマークがしっかり入っている。レバーが2つ何故か斜めについており、用途不明のトゲトゲが複数個ある。ドギツイ黄色の角のような2本の棒からそれぞれ出た電波が、合流して一本の電波になり大仏に届いて操る。この機械を壊すと、大仏がきちんとあぐらの状態で元に戻る。