勝利!チャージマン研

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

「勝利!チャージマン研」(しょうり-けん)は、『チャージマン研!』の第65話(DVD版では第61話)である。

本編[編集 | ソースを編集]

登場人物[編集 | ソースを編集]

あらすじ[編集 | ソースを編集]

ついに、ジュラル星人たちが世界中に総攻撃を仕掛けてきた。ジュラルの円盤が世界中に出現し、次々と都市を破壊する。

「死者の数は数えきれません」と研たちが参加する会議の席上で吉坂博士。するとそこへ、海底警備隊により日本海溝Z地区B区域に巨大未確認キチ基地が発見されたとの一報が飛び込んできた。

それがジュラル星人の基地であると確信した吉坂博士と、「ぼくがすぐにそこに行ってきます!」と研。吉坂博士は「早く調査を頼んだよ」と研の両手を握る。

「研、気をつけるんですよ」と言葉をかけるママ。「お兄ちゃん頑張ってネ」と微笑みながら言うキャロン。「ケン坊」と一言だけ言うバリカン。「みなさん、ぼくは地球の為、全人類の為、戦ってきます」と答える研に、パパは「研」と一言だけ。

研は変身しスカイロッドで飛び立つ。博士たちは神妙な面持ちで見送った。「今日こそジュラル星人の最期だぞ」と奮起し、大海原へとスカイロッドを飛ばす研。

一方その頃海底基地では、「強敵は、チャージマン研ひとり!それも訳はない!」と魔王が檄を飛ばす。チャージマン研が基地に突進してきたという一報を受けた魔王は、「飛んで火にいる夏の虫だ!」と不敵な笑みを浮かべるのだった。

ジュラル星人の海底基地を見つけた研。基地からジュラルの円盤が次々と発進する。円盤からの攻撃を受けるスカイロッド。そこに援軍が現れる。研は円盤の相手を援軍に任せ、鬼畜基地を攻撃することに。「こしゃくな!」魔王は基地を海上へ向け発進させる。援軍がジュラルの円盤を次々と撃墜するさなか、基地とスカイロッドは海中から抜け、一騎打ちに。

スカイロッドの発する光線を基地はかわし、基地が巻き起こした気流によってバランスを失うスカイロッド。基地はスカイロッドに向け光線を放つが、スカイロッドはそれをかわした。そしてスカイロッドの放った光線が基地に命中。魔王の断末魔の叫びと共に基地は海へ墜落し黒煙を上げて大爆発する。

「これが魔王の最期か…」。「研くん、無事か?」。そこに援軍からの無線通信が入る。「我々も、ジュラル星人を全滅したり!」。援軍に対し、研は「応援、ありがとー!!」と手を振った。スカイロッドは彼方へと飛んでいった。

「こうしてチャージマン研の活躍により、地球侵略を図ったジュラル星人も全滅し、再び地球に平和が戻ったのです」。夕焼けの中で、都市は一層輝いていた。

内容について[編集 | ソースを編集]

  • 「調査してこい」だけ言われただけなのに全滅させてるじゃねーかとか、なんでラスボスが一撃でやられるんだよとか、ツッコミどころは色々あるが、一応最終話としては綺麗に終わっている。
  • この回では久々に主題歌がボーカル付きで流れ、研とジュラルの最終決戦を大いに盛り上げている。
  • ラインコミュニケーションズ版DVDでは最終話とはなっておらず[1]、次話が「爆発!マンモスコントロールタワー」となっている。そのため、ジュラル星人を全滅したにも関わらず、次の話で何の説明もなくジュラル星人がマンモスコントロールタワーを襲っているという所謂カブトボーグ現象[2]が起きてしまっている。
  • 研を見送るバリカンの頭から、何故かあのピンクの球が消失している。

ジュラル星人の回りくどさに関して[編集 | ソースを編集]

最終回にしてやっと地球侵略者らしい行動を見せたジュラル星人に対して、誰もが「最初からそうしろよ」と思ったことだろう。

だが、こうは考えられないだろうか。今までは規模の大小、恐ろしい内容もあったが、その回りくどい作戦のためほとんど足が付かず、基本、作戦のレベルも低かったためジュラル星人はそれほどの脅威として認識されていなかった。だが、このような大規模な破壊活動をしたがために基地が発覚し、更には地球最強の後援軍が派遣されてしまったのである。この事に魔王様が気付いていたかは定かでは無いが、分かっていて今回の最終手段とも言える作戦を決行したならば、余程ジュラル星人は追い詰められていたのだろう。そうなると、魔王様の演説が最後の作戦に向けてジュラル星人達の士気を高めるためにしたものと考えることができ、なかなか感慨深いものがある。

主な名言[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]

  • 東京タワー

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 当該DVD版最終話は「農業コンビナートの危機」となっている。
  2. 毎回、前話と全く脈絡のないストーリーや設定が展開される現象のこと。TVアニメ「人造昆虫カブトボーグ V×V」においてよく見られたことから。ちなみに、「人造昆虫カブトボーグ V×V」も「チャー研」並みにツッコミどころ満載のすぅんごぉいアニメである。