ブラームス交響曲8番の男

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ブラームス交響曲8番の男とは、第16話「殺人レコード 恐怖のメロディ」に登場したキャラクターである。

概要[編集 | ソースを編集]

ジュラル星人のレコード店で「ブラームス交響曲の8番」を買い求める。しかし自宅でレコードを再生したところ、「メロディが違う。聴いたことのない曲だ。」と言い、倒れ一瞬にして老けてしまった。

透明少年探偵アキラにちょい似。また、公園のベンチに座っていたかの自動車修理工[1]にも顔がよく似ている。

23話「恐怖!精神病院」に登場した精神病院入院患者・左ではないかとも言われている。

ブラームス交響曲[編集 | ソースを編集]

ブラームス交響曲とは、ドイツの作曲家ヨハネス・ブラームスが作曲した交響曲。第1番から第4番まであり、第8番はない

しかし、いすぃ氏制作のブラームス交響曲8番「狂喜の歌」が公式サウンドトラックに収録されている。

関連リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 「くそみそテクニック」の阿部高和