ピアノの先生

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ピアノの先生は、第45話「鳩時計が3時を指したら」に登場するキャラクター。

概要[編集 | ソースを編集]

CV.佐藤昇

キャロンが通うピアノ教室の先生。眼鏡と個性的な髪形と青スーツが特徴。授業料を請求したら親御さんから半殺しにされそうなピアノの演奏テクを持つ。その正体は当然ジュラル星人で、教え子達共々、劇団ジュラルの一員である。

鳩時計を利用した良く分からない方法でキャロンに催眠術をかける。そして、「君の兄さんは悪い人間なのだ!」と暗示をかけを襲わせた。

「君の兄さんは悪い人間なのだ!」…ごもっともです。ジュラル星人が言えることではないが。

なお、キャロン洗脳後も教え子に扮した仲間と共に教室に残り、嬉々としてピアノを弾き続けていた所を見ると、劇団員達は案外変装した自分達の姿とピアノ自体を気に入っていたのかも知れない。