バリカンの旧友

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

バリカンの旧友( - きゅうゆう)は、第61話「バリカンの旧友が尋ねて来た」に登場したキャラクターである。

概要[編集 | ソースを編集]

バリカンの旧友

「くそーっ!一体どうしようってんだ!オレはバリカンの友達だぞ!」

の通う学校に突如現れたロボット。生徒たちを茶化し、授業をあがったりにさせてしまう。その後帰宅途中の研の前に現れ、バリカンの旧友だと言い泉家にやってきた。

なぎさ先生や当の旧友に関する記憶のないバリカンを怒らせる程の馴れ馴れしい発言や厚かましい態度といい、色々と胡散臭さ溢れる事この上ないのだが、泉家の面々は彼を本物の「バリカンの旧友」と信じて疑わなかった。恐らく頭身やアホっぽさ、どことなく発するウザさ等にバリカンとの共通点を見出したのであろう。

その後、バリカンが公園内で盗み聞きをした人間に変装したジュラル星人達の会話により、ジュラル星人が泉家を爆破するため仕向けた「爆弾ロボット」である事が判明する。しかし、捕われたバリカンがテレパシーによって研に危険を知らせた為、結局ボルガ式解決法によって始末されてしまう。

因みに頭部のプロペラを使って飛ぶことが可能だが、研に投棄された時には何故か飛んでいない。また、夕飯時に研が「(バリカンが帰ってくるまで)もう少し待とうよ」と言った際に物凄く悔しそうな表情を浮かべたが、絵コンテの方でも(本編と同じシーンが描かれてはいるが)その件については触れられていない。

考察[編集 | ソースを編集]

さて、彼にとっての最大の不幸は、「バリカンの友人」という非常に回りくどい体裁を取り繕う為に、バリカンが持つ「人間に近い感情」をジュラル星人によって持たされた点であろう。

片や「人間の家族として暮らすロボット」。片や「殺人兵器として自爆する事を運命づけられたロボット」。泉一家と触れ合った事により、皮肉にも彼は知らず知らずの内に自分とバリカンとの立場の違いを思い知らされる事となる。 そして研のバリカンに対するキチガイ気遣いにより、彼は(「友人」と名乗っていながら)一言も会話を交わす事のなかったバリカンの存在を(嫉妬という形とは言え)初めて強く意識し始めたのである。

仮に彼が、これまでにジュラル星人が作り出したロボット達や人形のジェーンの様に「ただ操られるだけの存在」であったならば、自分の存在意義や確実に訪れる運命に抵抗することも、ましてや(同じロボットである)バリカンを羨む事もなかった筈なのである。この夕食時の一連のシーンは、彼の「兵器であるが故の悲哀」を表現しているのかもしれない。…もっとも、ただ単に御馳走が食べられなくて悔やんでいただけなのかも知れないが。