タイガー・M・マッタク・ツヨシ

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

タイガー・M・マッタク・ツヨシとは、第63話「殺人ボクサーを倒せ!」に登場したキャラクターである。

概要[編集 | ソースを編集]

アリゾナ育ちのボクサーで、世界ヘビー級チャンピオン。本来のリングネームはタイガー・Mなのだが、馴れーション声の「タイガー・M、全く強し!」のテンポがいいためか、チャーケニストの間では「タイガー・M・マッタク・ツヨシ」と続けて一緒の名前と扱われるようになった。

50戦50K.O.勝ちという圧倒的な強さの持ち主であり、過去の対戦相手中13人が死亡し、20人を再起不能に陥れた。1人でも殺せば追放となりそうなものであるが、気にするな!

彼のパンチはとてつもなく強く、普段ろくに仕事しないSEが張り切り過ぎて時には刃物を振る音や銃声すら響く。この回の試合で対戦相手となった熊虎次郎は、彼のパンチを顔面に何度も食らってしまい、一方的過ぎるにも関わらずレフェリーが止めなかった事もあり彼もまた犠牲者となってしまった。

あまりにも悲惨な事が起きてしまったせいか、実況は混乱して「恐るべき事がこのリング上で起きました。熊虎選手がタイガー・Mを。」と逆の事を言っている[1] 。過去の戦績から余程ネガティブなイメージを持たれているのか、観客からは「人殺しー!帰れー!」と野次が飛ぶ有様。

正体[編集 | ソースを編集]

わざわざ書く事でもないが、その正体はジュラル星人である。しかしながら、なぜジュラル星人がプロボクサーに化けていたのかと言えば

  1. タイガー・Mとして人間に化け、ボクサーとしてデビューする。
  2. プロとして戦績を積み上げ、同時に選手を葬り去る事で悪評も立てる。
  3. 試合を泉研が観戦しに来るのを待つ。
  4. 別のジュラル星人が研に「気に食わないあいつを倒してくれ」とけしかける。
  5. 研がタイガー・Mとタイマンし打ち勝つ。

という、回りくどさで知られるジュラル星人の作戦の中でも非常に回りくどい作戦を行っている。とはいえ、1人でも多くの人間を殺すというジュラル星人の目的を、試合という形で人間の法律にも触れずに14人も行っているのだから、その点成功しているともいえる。自殺者1人に8人がかりになってしかも失敗したよりはよほどましと言える。

なお、正体がばれた理由は、カメラマンが写真を取ろうとファインダーを覗いた際に姿が見えなかったのが理由である。良くも悪くもこれだけの成績を収めながら、今まで一度もカメラを向けられないとは、100年後の世界はそこまでボクシングの人気が低いのだろうか。

しかしながら、ジュラル星人は勿論、目の肥えたチャーケニストにすら予想外な事に、研が異常に強すぎた事がこの作戦の決定的な敗因となった。50戦全勝の世界ヘビー級チャンピオン相手に、研はタイガー・Mのストレートを避けた上、パンチ一発でダメージを与えている。しかも研は、相手がジュラル星人だと分かっているので手加減しなかったとは言え、若干10歳、変身前でこの強さである。

考察[編集 | ソースを編集]

タイガー・Mの『 M 』が何の頭文字か気になるところ。まさか、本当に『 マ(Ma)』ッタク・ツヨシの略!?(爆)

余談[編集 | ソースを編集]

39話「美人ロボットは殺しの使者」では、バリカンが「こしゃくな、俺様はタイガーだ!」と言っているが、マッタク・ツヨシとの関係は一切わかりません!

関連項目[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. これは「を」が「の」の空耳であり、「熊虎選手がタイガー・Mの (餌食に) 」と言っているのだと思われる。