ジュラル星人

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジュラル星人( - せいじん)とは、「チャージマン研!」に登場するキャラクターである。

概要[編集 | ソースを編集]

一般的なジュラル星人の姿

自分たちの住んでいるジュラル星に代わる新天地を求め、地球を侵略しにやってきた宇宙人。

全身赤茶色で、的のような模様がある。触手状の手足を持ち、顔の一つ目から緑色の光線を放つことできる[1]。作中での地球人との比較から、身長は約2~3メートル程度あるようである。 地球人に化けることができ、星くんよし子さんのように日頃から地球人に紛れて生活している者も多い。地球人に化けたジュラル星人があらゆる手段を使ってに接近するというのが、チャージマン研!のエピソードのパターンの一つとなっている。

未来の地球よりもさらに500年進んだ科学力を持っているらしいが、作中ではそれを見せつけるような描写は見られない。第3話「蝶の大群が舞う」中の台詞からして、すでに2024年頃には地球に到着していたようだ[2]

地球侵略の作戦は総じて回りくどく、その割に変な所に手が込んでいることも多い。研の自宅を知りつつも直接攻撃する事は(アニメでは)最後まで無く、罠にかけて殺すことにやたら執着して命を狙い続ける。 しかし、最終話「勝利!チャージマン研」では地球各地を総攻撃し莫大な被害を与えた。 「最初からそうしろよ」というツッコミは無用。恐らくジュラル星人にはジュラル星人並の考えがあるのだろう(多分)。 また、作戦に利用するためとはいえ、回りくどさゆえにどう考えても人助けとしか思えない行動につながることもあり、ジュラル聖人と呼ばれることもある。「地球を侵略しようとしていつも回りくどい作戦を実行しては人間に阻止される」という点は、「ケロロ軍曹」と似ているとも言える。

たとえ同じ仲間であっても、地球人に味方した者には厳しい制裁も辞さない。研に助けられたがゆえに研を殺すことができなかったX-6号や、地球人に理解を示していたJ-7号のように、仲間の手によって始末されてしまうこともある。

銃で何発打たれても平気な一方、第30話「塔上のキャロンを救え!」では頭上から落ちてきた鉄骨に潰されて死んでしまう。また、アルファガンにも弱く、たった一撃で消滅してしまう。

鏡やカメラのファインダーには写らない。第63話「殺人ボクサーを倒せ!」では、カメラマンがリング脇からタイガー・Mを撮ろうとした際、タイガー・Mがファインダーに映らないことに驚いたことから、彼がジュラル星人であるとわかった。

悪役一辺倒ではなく、良い宇宙人なのではないかとすら思える善良な言動や、地球征服のための涙ぐましい努力などが数多くのチャーケニストたちの共感を呼んでいる。旧wikiの人気キャラ投票所では研が831票に対し、ジュラル星人(名無し)は5601票と大差が付けられ(2017年7月現在)、MAD動画などでジュラル星人が「応援、ありがとー!」というと「 してるーよ! 」といった研に対するものとは全く逆のコメントが散見される。

冒険王コミカライズ版[編集 | ソースを編集]

雑誌『冒険王』掲載のコミカライズ版では、火に弱いという設定が語られた。また、人間に変身するシーンは無い。 擬態能力を持った他の異星人を利用した事から、変身能力自体を持っていない可能性もある。

アニメのように作戦の回りくどさはあまり感じられず、最終話では泉家を直接攻撃する。また、リリーを騙して利用し、その後家族ごと始末するといった本物の悪役らしい一面を見せる。

M.U.G.E.N[編集 | ソースを編集]

フリーのパーソナルコンピュータ用2D格闘ゲームエンジン「M.U.G.E.N」にて主人公である研を差し置いてキャラクターが制作された。

長い手足や光線等を駆使して戦い、原作とは違って結構強い。 サポートキャラクターとして星くんサンダナパレス・アグリアスも登場する。 回りくどさも再現している為、一部の必殺技の発生が非常に遅く、 特に敵味方無差別にダメージを与える技「頭の中にダイナマイト」は発生に約30秒もかかる。 ちなみに、対戦に勝利すると画面手前からアルファガンで撃ち殺される。 詳しくはこっちのwikiの当該ページを参照。 よくもこんなキチガイページを!

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 第1話では胸部の的模様の中心から放っていた。
  2. 人食い蝶を世話するジュラル星人のセリフより。