ジュラルモンス登場

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

「ジュラルモンス登場」とは、チャージマン研!の第9話である。ちなみにDVDと話数が一致している回の一つである。

本編[編集 | ソースを編集]

登場人物[編集 | ソースを編集]

あらすじ[編集 | ソースを編集]

海上を航行する一隻の貨物船。船長は、海の中で何か光っている物体を見つけた。すると、海の中から怪獣のような巨大ロボットが姿を現し、乗組員たちは驚愕。船は面舵を回し方向転換する。海底基地にてその様子を見ていたジュラルの魔王。巨大ロボットの正体はジュラル星人が作り出した「ジュラルモンス」だった。船は全力で逃げるが、ジュラルモンスに捕らえられてしまう。魔王は、ジュラルモンスを利用し日本を混乱に陥れて占拠し、地球征服の本拠地にしようとしていた。ジュラルモンスは、捕らえた船を軽々と持ち上げては放り投げ光線を照射。光線を浴びた船は見る見るうちに小さくなり、ついには消滅してしまう。

泉家。取っ組み合いに興じるバリカン、それを楽しそうに見るキャロン。バリカンが勝ったところでテレビから臨時ニュースが流れる。新潟沖50kmの地点で大型原子力貨物船が謎の沈没を遂げたという。スカイロッドで現場に急行する研。すると、光線を放ち都市を破壊していたジュラルモンスに遭遇。スカイロッドはジュラルモンスを攻撃するも、ジュラルモンスから反撃を受ける。方向制御器をやられたスカイロッドはエアクッションで着陸。降りた研は変身し、スカイロッドなしでジュラルモンスと戦うことに。研はアルファガンでジュラルモンスの目を攻撃。ジュラルモンスは大爆発した。

スカイロッドは月夜の彼方へ飛んで行った。

概要[編集 | ソースを編集]

  • 1分44秒辺りから2分45秒辺りまで実に一分間、尺稼ぎとしか思えない研とバリカンの取っ組み合いが行われる。
  • スカイロッドが飛び立つシーンは何故か2回繰り返す。この間に背景が「夜→夕方→夜」と入れ替わる。更に最後には尺あまりまでする。
  • ジュラル星人側がスカイロッドの攻撃に成功した数少ない例である。
  • 研とジュラルモンスの戦闘シーンでいつにも増して効果音が使われていない為、「夜間なのでマナーモードでお送りしております」「SE担当は死にました」等とチャーケニストに茶化されている。
  • ラストは新潟沖海上から朝日の方向にスカイロッドが消えて行く光景が非常に印象的であるが、このルートだと辿り着く先は北朝鮮である(佐渡島の可能性もあるが)。

名言・迷言[編集 | ソースを編集]

台詞[編集 | ソースを編集]

船長「前方に何か光っているぞ」
船乗りA「魚雷でしょう(笑)」(灯台でしょう)
船長 「ばか、海の中で光っているぞ」
「うわー怪物だー(面舵いっぱい!)」

魔王様「ふふふふふふ」
「我がジュラル星人の頭脳が作り上げたロボットの力を見よ。」
「ジュラルモンスよ、暴れてやれ」

船乗りB「ど、どんどん近付いてきます」
船長「もっとスピードをあげろ」
船乗りA「もうこれで精いっぱいですよ」

乗組員たち「うわああああ」

魔王様「ははは、今に日本は大混乱に陥る。」
「その際に乗じて一気に日本を占拠し、」
「我がジュラル星の地球征服の本拠地にしてやる」

「それっ」
「たー」
バリカン「ひええ」
「あーいてぇ」
キャロン「(笑)」
「アー」
バリカン「えいっ」
「いくぞーそれっえいえいえいえい」
バリカン「あら〜〜〜〜あらららららら…」
「そーれハンマー投げだーそれー」
「まいったか」
キャロン「バリカン、しっかり」
バリカン「よーし、うーん、こんにゃー、ウェーイ」
「あっ、ううあああ」
キャロン「すごいわーバリカン強いわー」
バリカン「どうだい、俺様の力は」

アナウンサー「臨時ニュースを申し上げます。」
「先ほど、新潟の会場50キロの地点において、」
「大型貨物原子力船がSOSを打電したまま、謎の沈没を遂げました。」
「なお、当局は」
「あっ!」
「くたばれっ!ジュラル星人め!」

魔王様「はははは、死ね」

「くそう、方向制御機をやられた。よーし、エアクッションで着陸だ。」
「えいったー」
「チャージングゴーーーーーーーーーー!」
「よーし、目だ、目を集中攻撃だ」