ジュラルのにせ友情作戦

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジュラルのにせ友情作戦( - ゆうじょうさくせん)は、「チャージマン研!」の第38話(DVD版では第39話)である。

本編[編集 | ソースを編集]

主な登場人物[編集 | ソースを編集]

あらすじ[編集 | ソースを編集]

研たちは野球場で野球をしていた。キャロンやバリカンが応援する中、バッターボックスに立った研は球を打ち返し、ホームランを決める。嬉しそうに走る研だったが、ガラスの割れる音が。 ガラスを割ってしまった屋敷に研が恐る恐る謝りに行くと、その屋敷に住む少年が現れボールを差し出した。少年に謝る研。研は少年を野球に誘うも、病気のため屋敷の中にしかいられないという。研は、今度少年の屋敷に遊びに行く約束をする。

後日、屋敷にやってきた研たち。キャロンとバリカンがプールで遊び、研と少年はプール脇でくつろいでいた。少年の両親は海外旅行中で、屋敷には少年と執事だけしか住んでいないという。そこに執事がテニスの用意ができたと伝える。 キャロンとバリカンを残し、研と少年はテニスコートへ向かう。執事が立ち会う中、テニスを楽しむ2人。その最中、少年が球をすり替えた。研がすり替えた球を打ち返すと、研は苦しみだし、倒れてしまった。少年と執事はジュラル星人だったのである。

テニスをしに研のもとへ向かうキャロンとバリカン。すると檻が下りてきて閉じ込められてしまう。何とか抜け出したバリカンは研を探しに行く。すると、意識を失い台の上に寝かされる研をジュラル星人たちが取り囲んでいたところに出くわす。そして回転する円盤のこぎりが研に迫る。 バリカンが叫ぶと、研が目を覚ました。バリカンが操作盤のレバーを操作し、のこぎりは停止する。研は変身し、アルファガンでジュラル星人たちを倒す。すると、ジュラル星人の一人がバリカンを人質に。やむなくそのジュラル星人の要求通りアルファガンを捨てる研。そこにスカイロッドが現れる。ジュラル星人が気を取られている隙に、アルファガンでジュラル星人を倒した。

再びバッターボックスに立った研は、連続ホームランを決める。しかし、またもやガラスが割れる音がした。「すみませんじゃすみませんよ!ちゃんと買って弁償してもらいますからね!それまでボールは返さないわよ!」と、ガラスを割ってしまった建物に住むおばさんからお灸を据えられてしまった研たちだった。

内容について[編集 | ソースを編集]

  • ジュラル星人の回りくどさが現れている回の一つである。もし本当に野球の玉が飛び込んでくるのを待ち、研と友達になった上で殺す作戦の為に豪邸を建造したのであれば、回りくどいではすまない回りくどさである。もしテニスの誘いを研に断られたら、そこで頓挫してたのではないか?
  • 研を眠らせたらさっさと殺せばいいものの、何故解剖する必要があるのか。
  • プールで研と少年が会話しているシーンで何故か不自然に少年の顔色が薄くなっていたりする[1]
  • ほかにも野球ボールが回転しない、研のほっこり顔やキャロンの右、オリが落とされる際にSEが仕事しない、バリカンを「出来損ない」呼ばわりするジュラル星人等、突っ込みどころは多い。

名言&迷言[編集 | ソースを編集]

  • ニセ友情少年「大丈夫。○ニスには自信があるんだからぁ。」
  • ジュラル星人「おっ、チャージマアーッ!!
  • 研「卑怯者!!」←お前が言うな
  • おばさん「すみませんじゃすみませんよ!」

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 昔はセル画に直接専用塗料で手作業で彩色していたため、少年の顔のセル画を塗る際にたまたま薄くなってしまったのだろう。