キチガイピアノ

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

第45話「鳩時計が3時を指したら」に登場する曲のこと。

概要[編集 | ソースを編集]

ジュラル星人扮するピアノの先生キャロンを洗脳する時に演奏していた曲。

これを聞いて中途半端に精神を操られたキャロンは「悪い人間は殺してやるー!」とを襲ったが、直後にママから強烈なビンタを受け我に返る。

因みに事件解決後にキャロンが家族の前で同じ曲を演奏していた所を見ると、ジュラルがわざわざ作戦の為に作曲した訳ではなく、100後の未来において既にピアノの定番となっていた曲を利用したという見方もできる。未来人達の耳は狂っているんだ!

複雑かつ難解な旋律ゆえ耳コピは困難とされていたが、既に採譜に成功した強者が現れている。

これは右手でキチ旋律を、左手はドミソの和音を弾き続けるという、ピアノの曲として教えるにはひどい代物であるが、メロディーに合わせてドミソの和音だけをを弾くという事は、一昔前(現在でも幼稚園での演奏等に残っている)には良くあった事であり、この作品はそんな時代背景を元にしている、もしくはナックがそれを風刺しているとも考察できる。