アトスミヒ

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

アトスミヒとは、第44話「研の偽者をやっつけろ!」に登場した医療器具?である。

概要[編集 | ソースを編集]

になりすまし、泉家に忍び込み夕食を口にするK-11号(ジュラル星人)。しかし一家からは偽者と見破られていた。この際、パパはK-11号にアトスミヒを向けている。

パパ曰く、「がん細胞を消滅させる特殊光線」。しかし、がんの治療に使う器具でありながら、まるで銃のような形状をしている。また、「パワーアップすれば生物はドロドロに溶けてしまう」という。 発射時に通常の拳銃の発砲音にしか聞こえない音がしており、また、光線と言うより青色の炎にしか見えない。

医者とはいえ、そんな物騒なものをパパがなぜ所有していたのかは謎である。いつもの掟を守らないとジュラル認定の後にアトスミヒの洗礼を受けるのが泉家の日常なのだろうか。

作中ではK-11号に対し、研の居場所を聞き出す為に使用された…が、どのように使われていたのか、そして居場所を吐いたK-11号のその後も想像に難くない。

その他[編集 | ソースを編集]

アトスミヒの名は、当て字で「後炭火」 (後で炭になる火) であるとか、あるいは滑舌が悪いだけでもっと立派な名称の空耳ではないかと噂されていたが、絵コンテにて判明した本当の名称は「特殊光線アトスヒ」であり、大差はなかった。

関連項目[編集 | ソースを編集]