よくもあんなキチガイレコードを!

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

「よくもあんなキチガイレコードを!」とは、『チャージマン研!』第16話「殺人レコード 恐怖のメロディー」におけるセリフである。

概要[編集 | ソースを編集]

ジュラル星人が作ったレコードで大変な目にあった泉一家。たちはジュラル星人のレコード店に乗り込み、こう言った。

正義の味方であるはずの主人公がキチガイなどという差別用語を放つ様は、まさにこのアニメを象徴するものである。今日では口にすることすら憚られる言葉だが、そのような考え方がなかった当時を知るうえである意味で歴史的な台詞ともいえる。

ちなみに、作中で堂々と「キチガイ」と言った台詞はこれのみで、もう一つの「キチガイ」は「キチガイつつ(基地が五つ)」という言葉の一部。

現代のメディアでは放送禁止用語とされる「キチガイ」というワードだが、2008年ごろにAT-Xで再放送された時や2015年にキッズステーションがYouTubeで配信した際はこのセリフが無修正のまま流れたという。

絵コンテでは「ジュラル星人、よくも気狂いレコードを!」と書かれていた。