なぎさ先生

提供: チャージマン研!Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

なぎさ先生( - せんせい)とは、「チャージマン研!」に登場するキャラクターである。

概要[編集 | ソースを編集]

はいはい。毎日泉君に送ってもらうわ♪

声優はのざききいこ。

の通う学校のクラス担任。「渚先生」と表記をされる事も。初登場回は第5話「恐怖!ミイラが馬車でやってくる」。

明るい栗色のショートボブの髪に緑色の花のヘアピンを飾り、教師にしては際どい水色のミニ丈のワンピースを着用している若い女の先生である。 水着姿を見たがる教え子の研はもとより、海底局長その部下をも虜にする程の美貌と悩ましいプロポーションの持ち主であり、その上妙にブレスのかかった喋り方をする為どことなくエロい雰囲気を漂わせている。特に第44話「研の偽者をやっつけろ!」での研の偽物の催眠術にかかる時や、牢屋に入れられる時の「あぁ…ん…」という喘ぎ声はエロスに満ちている。

性格はいたって真面目であり、研に度々手を焼いているが、彼のチャージマンとしての実力を認めており、ジュラル星人が関わる事件に遭遇した時には「泉君この街を救ってあげて頂戴」等と頼りにする事が多い。

ちなみになぎさ先生登場回の内、研がチャージマンである事を隠している体裁を取っていたのは第6話「怪奇宇宙植物園」の時のみである。

研の担任という立場上、洗脳されたり拉致される等、ジュラル星人の策略に巻き込まれる事が多いが、チート過ぎる研の強さと準レギュラーキャラ補正のお陰で、毎回うまい事ピンチを切り抜けている。

コミカライズ版(冒険王)には、彼女の代わりにさゆり先生という人物が登場しているが、基本的に役回りは一緒である。仮に「なぎさ(渚)」が苗字だった場合、「渚さゆり」という風に同一人物として見る事もできるが…。

注釈[編集 | ソースを編集]