危機一髪!!

提供: チャージマン研!Wiki
2021年5月2日 (日) 01:17時点における恋奴のワルツ (トーク | 投稿記録)による版 (→‎影響を与えた(であろう)主な作品)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

危機一髪!!(ききいっぱつ!!)は、「チャージマン研!」の第2話である。

本編[編集 | ソースを編集]

登場人物[編集 | ソースを編集]

あらすじ[編集 | ソースを編集]

富士山頂のジュラル星人の基地から、一発のロケットが発射された。打ちあがったロケットは静止し爆発。煙が十字に拡散し、辺りは闇に包まれた。 実験成功を喜ぶ魔王。このロケットを何発も打ち上げ、地上から一切の光を無くし、研の動きを封じようとするのが魔王の狙いだった。ロケットはすでに何発も用意されていた。

の家で、キャロンの誕生日パーティの準備を行う3人。並べられたケーキやご馳走を前に我慢できなくなった3人は前倒しでパーティを始めることにした。 バリカンが持って来たマッチでケーキのロウソクに点火しキャロンの誕生日を祝う3人。すると窓の外に高笑いをしながらジュラル星人が現れる。ジュラル星人は、研に富士山頂へ来るよう言い去っていった。研たちはスカイロッドに乗り富士山頂へ。 真夏だというのに富士山頂には雪が積もっていた。降り立った3人の前に魔王とジュラル星人が現れる。魔王は用意していたロケットを発射させ、ロケットからの煙によってあたりは闇に包まれる。そして大勢のジュラル星人が研たちに襲い掛かる。 逃げる3人だったが、キャロンが転んでしまう。そのとき落としたマッチに気が付いたキャロン。火をつけようとするが、風でなかなか火が付かない。そこで、バリカンのボディを風よけにして火をつけ、研はその光を利用し変身した。

研は、襲い掛かるジュラル星人たちをビジュームベルトアルファガンで攻撃。「チャージマン研!まだまだ諦めぬぞ!この仕返しはきっとしてやるからな!」魔王はジュラルの円盤に乗り去っていった。 「いつでも来い!堂々と勝負してやる!」とジュラル星人に対して闘志を燃やす研だった。

研たちはスカイロッドに乗り家路についた。そして誕生日パーティをやり直すことにした。

考察[編集 | ソースを編集]

  • 放映順とDVD収録順が同じという珍しい回でもある。
  • 研の家に直接やってきたジュラル星人。どうして直接攻撃をしないのか。恐らく「決して卑怯な手を使わず、正々堂々と戦う」という彼らなりのポリシーがあるのだろう。また、同じ鬼畜ヒーローである「流星人間ゾーン」と同じく、家になんらかのバリアが張られている可能性もある。前述の窓ガラスの反射光もその機能の一端であるのかもしれない。
  • 「光がないとチャージマンに変身できない」という設定が初めて登場する回である。この設定はキャロンも知っているようである。しかし作中でそれに関する説明は一切なく、唐突に登場する。

台詞[編集 | ソースを編集]

危機一髪!!の台詞書き起こし

影響を与えた(であろう)主な作品[編集 | ソースを編集]

  • 劇場版エヴァンゲリオン(ちなみにチャージマン研!の制作会社であるナック(現ICHI)は新世紀エヴァンゲリオン 劇場版 THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に

の制作に関わっている)

  • ゆっくりしていってね!
  • ボンバーマン(爆風の形)
  • 東方紅魔郷
  • イッパツ危機娘(原作:原田重光)

前回・次回リンク[編集 | ソースを編集]