随分と似ているでしょう?

提供: チャージマン研!Wiki
Jump to navigation Jump to search

概要[編集]

第3話「蝶の大群が舞う」で昆虫学者サンダラパレス・アグリアスの写真を指して発した台詞。

この時に映される蝶は、前のシーンで写された蝶の写真と比べても模様はおろか、色すら似ていない。 昆虫学者の無能さを象徴する台詞の一つである。

関連記事[編集]