蝶の大群が舞う

提供: チャージマン研!Wiki
Jump to navigation Jump to search

「蝶の大群が舞う」とは、チャージマン研!の第3話(DVD版では1話)である。

本編[編集]

登場人物[編集]

あらすじ[編集]

昆虫学者が2枚の蝶の写真を説明する。1枚目は50年前に絶滅したというペルーの蝶「サンダラパレス・アグリアス」。蝶の世界では最も速く舞い、赤と青の翅は人の心を惑わすに十分な美しさを持つと言われる幻の蝶である。 もう1枚目は、サンダラパレス・アグリアスに似ている人食い蝶で、人間の細胞を食うために鋭い(鷹のような?)口を持っているという。その蝶のスライド写真が壁に映し出され、その場にいた聴衆からは驚きの声があがる。

当時の様子を尋ねた記者に、パパが語り始める。久々の休日ともあり、郊外の農園にピクニックに出かけた一家。バリカンが野ウサギを見つけ追いかける。しばらくすると、バリカンが人を拾ってきた。バリカンが人を拾ったという場所に行くと、倒れた人間たちにに人食い蝶が群がっていた。一家は恐怖のあまり立ちすくみ様子をうかがうしかなかった。別の記者がその蝶は今も日本のどこかにいるのか、今後人間を襲う可能性はあるのかを昆虫学者に尋ねると、昆虫学者は「多分どこかにいるでしょう、だがその他一切のことはわかりません!」と答えた。

人食い蝶を飼うジュラル星人。ジュラル星人は、50年前にサンダラパレス・アグリアスを救い出し、人間の細胞を食って増殖するように改良したという。ジュラルの円盤から人食い蝶が放たれ、都市はパニックに陥る。この様子を見た研は変身。アルファガンとビジュームベルトで人食い蝶を始末する。この様子を見たジュラル星人は退却。蝶の死骸の山を見て「かわいそうな蝶さんね…」とつぶやいたキャロンに「うん…」と研は答えた。

内容について[編集]

  • 人食い蝶の口を「鷹のよう」と表現した昆虫学者だが、どう見ても鷹のようには見えない。
  • ジュラルの魔王が円盤に乗り現場に赴いている。作中で魔王が現場に赴いている回は意外と少ない。

ペルー産のサンダラパレス・アグリアス[編集]

「アグリアス」とはミイロタテハ属の蝶の学名である。アマゾン川流域に生息し、「ミイロ(三色)タテハ」の別名の通り美しい翅を持ち、「真紅の光線が空気を貫く」と呼ばれるほどに飛ぶのが速い。その美しい翅は人間の指紋と同じく一つとして同じものがないためにコレクターからは珍重されるが、前述の通り飛ぶのが速く、採取は困難を極める。

時代設定は2074年頃[1]なのでサンダラパレス・アグリアスは2024年には絶滅してしまうことになる。それまでに発見し保護しなければ、未来の日本、いや世界中の国々はこの人食い蝶によって壊滅してしまうだろう。もしかしたらジュラル星人は、今の南米の開発によって絶滅しつつある生態系を守るため、我々に警鐘を鳴らしているのかもしれない。だが、「ジュラル星人は蝶を人間を襲う生物兵器に改造してしまったため、そんな事は言える立場にない」との厳しい指摘もある。

実在するミイロタテハの普通種は「サルダナパルス・アグリアス」であるが、上述の通り作中の蝶とは違うと思われるので冒頭で聞こえたとおり「サンダラパレス・アグリアス」とした。なお、「サンダラ」とはファイナルファンタジーシリーズに出てくる呪文であり、ファイナルファンタジータクティクスには「アグリアス」と言う人物が出てくる。これはスクエアスタッフがこの作品に対して敬意を表し、オマージュとしたと言う事実はあまりにも有名である。

なお、昆虫を生物兵器として扱う計画は現実世界にも存在するらしいが、ジュラル星人及びナックがこれを参考にしたのか一切の事は分かりません!

台詞[編集]

昆虫学者「え〜、こちらの写真を見ていただきたい。これは50年前絶滅したと言われるペルー産のサンダラパレス・アグリアスという蝶です。」
「 この見事な赤と青の羽根は人の心を惑わすに十分な美しさと言われてきました。それに一番の特徴は、蝶の世界では一番速く飛ぶことができるということです。」
「そこでもう1枚の写真をご覧ください。これが問題の蝶です。随分と似ているでしょう?
「ところが、この蝶の口の所を見てください。人間の細胞を食うというだけあってこの鋭い口はまるで鷹のようではありませんか。(?)」

モブ「人間の細胞を食う蝶かぁ…」
「はぁ〜…不思議…」
「あんな小さなものがねぇ…」

記者A「泉さん、その時の様子をもう一度詳しく話していただけませんでしょうか。」
パパ「今朝、私達一家は久しぶりの日曜なのでみんなで農園へピクニックに行くことになりました。」
「そして…」

うまいなぁーバリカンは。」
ママヒサシブリニトカイヲハナレテ、コウガイニクルノモイイモンデスワネ
パパ「あぁ。」
キャロン「ママ、今日はいつもより活き活き見えるわ!」
パパ「そうだ、いつもは研やキャロンが世話ばかりかけるからだ。少しは反省しなさい。」
「キャロンだろ〜!僕は砂はかけないよ!
キャロン「まぁ!お兄ちゃんったら!」

バリカン「あ、ウサギだ。ツカマエチャエー。」
「のろまのバリカンじゃぁつかまりっこないよ!」
キャロン「よせばいいのにね〜。」

パパ「しばらくして、バリカンが戻ってきたのです。」

バリカン「ぼぼ僕、人を拾ってきたよ。」
パパ「ど、どこで拾ってきたんだ、バリカン。」
バリカン「あちき〜。」

「アッ!」

パパ「私達はあまりの恐怖に立ちすくんでしまい、じっと様子をうかがっているだけで精一杯でした。」
記者A「なるほど〜。その蝶があのスライド写真ですね。」
記者B「先生、その蝶は今も日本のどこかに生息しているんでしょうか?また今後襲撃してくるんでしょうか?」
昆虫学者「多分どこかにいるでしょう、だがその他一切のことはわかりません!

モブ「はぁ〜…わからないの〜…」
「落ち着かないなぁ…」

ジュラル「おお、かわいいやつだ。地球の人間共はお前らのことで大騒ぎしておる。人間共の言うことには、お前らは50年前に絶滅したんだとさ。
「かわいいお前らよ、その時まで私の力になっておくれ。私はお前らを50年前に救い出し、人間の細胞を食って増殖するよう改良したことは誰も知るまい!」
「それもこれも、地球を滅ぼしたいがためだ!」

魔王様「さぁ、たっぷりと人間共の細胞を餌にするがいい。戻ってくるときは2倍も3倍も増えるんだ。HAHAHA。」

モブ「うわー。」
「助けてくれー。」
「ひえー、いぎ、いぎぎぎ」
「キャー!うわー!」

キャロン「お兄ちゃん大変よ、何か起こったわ。あんなに人が逃げていく!」
「アッ!」

モブ「うわー。」

「この前の蝶だ!いよ〜し!」
「チャ―ジンGO!」

魔王様「さぁ、チャージマン研を噛み殺すのじゃ。」
「ジュラル星人!どこからでもかかってこい!」

作業の目

魔王様「チャージマン研!覚えておけ!この仕返しは必ずすりゅ!」
「いつでも来い!お前たちには負けないぞ!」

キャロン「かわいそうな蝶さんね…」
「…うん。」

影響を与えた主な作品リスト[編集]

  • バイオハザード
  • ファイナルファンタジータクティクス
  • 宇宙の騎士テッカマン
  • 科学忍者隊ガッチャマンF 第16話闇に舞う殺人蝶
  • タイムクライシス4

脚注[編集]

  1. 例えば、第6話「怪奇宇宙植物園」の冒頭ナレーションにて「100年後の世界は~」とある。チャージマン研!の放送は1974年であるため、それをもとにすると100年後は2074年。