燃える毒きのこの家

提供: チャージマン研!Wiki
Jump to navigation Jump to search

燃える毒きのこの家はチャージマン研!第27話である。

本編[編集]

登場人物[編集]

あらすじ[編集]

研と同じクラスメイトの磯野キノコデブ達は、授業中に外を眺めていた。

その様子が変だと感じた研。その後、外にいた磯野キノコデブ達が「楽しくて、おいしい場所」に今日も行くと言った。

そして、磯野キノコデブ達は研が見たことのないバスに乗車するのであった。その後すぐにパパが到着し、研が見たことのないバスを追っていく。

バスは研たちの街から遠い場所に到着。そこで、磯野キノコデブ達は不思議な味がするきのこを食べ始めた。

そして、森野キノ子が「お菓子の家」を食べさせようとするものの、研によって阻止。

お菓子の家にアルファガンを放つとなんと、お菓子の家は溶けていったではないか!おかし!燃えねぇじゃねぇか!

そう、森野キノコはジュラル星人。毒きのこを使って子供たちを怠け者にしようとしていたのだ。

ジュラル星人は大勢で研に襲い掛かるも、やっぱりいつものようにあっさりやられてしまった。そのうちの一体は研の右手を拘束させるも、ガドロシューズの餌食となってしまったのだった。

子供達はいつの間にか正常な状態に戻り、翌日からはまじめに勉強した。

研はそれを見て感心するものの、なぎさ先生によそ見をしている事を注意され、ウザ顔状態で話の幕を閉じるのであった。 

概要[編集]

今回のジュラル星人の目的は「子供たちに毒きのこを食べさせ、みんな勉強しない怠け者にする」ことである。 このセリフから、磯野キノコデブ達が食べていたのは毒きのこであることがわかる。 しかしながらこの作戦はかなり回りくどい。 「毒きのこで子供たちを洗脳する」ならまだしも、「勉強しない怠け者にする」ではまるで幼児向けアニメの悪者が企みそうな作戦である...。

因みにこの回に登場する研のクラスメイトは別の回でもちょくちょく登場する(キノコデブ、モチ代等)

台詞[編集]

なぎさ先生「では次の三角形の面積は底辺掛ける高さ割る2」

「ん? 変だなあ」

キノコデブ「ねえ今日も行くだろ?」

モチ代「モチよ!」

「あんな楽しくって美味しいもの他にないんだもの!」

「そうだよ!勉強なんかバカバカしくてできないよなあ!」

キノコデブ「よし決まりだ急ごう」

「楽しくって美味しいもの、なんだろう」

「おや?」

キノコデブわ゛はあぁ!来たぞー!

「うん!」

「あ!バスに乗る!」

「見たことのないバスだ!」
「ああ・・・」

パパ「研じゃないか 寄り道はいかんぞ」

「違うんだ!違うんだよパパ!」

「あのバスを追って!」

子供達「本当に美味しいんだって~」

「すごく綺麗なんだ、それで美味しいんだ」

「パパ、もっとスピード上げてください!」

「これじゃあ、見失ってしまう!」

パパ「よし」

「しかしどこまで行くんだろう」
「随分遠くまで来たぞ」

子供達「わーい来たぞ~行こう行こう」

森野キノ子「ふふ、何にも知らないで可愛い子供達」

「ん?気のせいかしら・・・」

パパ「どこへ行くんだろ」

「研、何か嫌な予感がするな」

「やっぱり来てよかった 車の中で待っててください!」

キノコデブ「うまいなあ」

モチ代「不思議な味がするわ」

「うまいなあ」

子供達「こっちの青いのも美味しいよ」

森野キノ子「さあキノコはそのくらいにして」

「今度はお菓子の家を食べましょう」

子供達「わあ!すげえやあ!」

森野キノ子「さあ、食べなさい」

「とっても美味しいわよ、さあ」

「待て!」

「チャージンゴーーーーー!」

キノコデブ「君も遊びに来たんだね?」

「いいや、君たちは騙されているんだよ!」

少女「え?何を言ってるの?」

「私たちの邪魔しないでよ」

「見てごらん!それ!」

子供達「なんだありゃ、わ~」

「お菓子なんかじゃないんだよ!」

森野キノ子「ふん、よくも見破ってくれたわね、チャージマン研!」

ジュラル星人「フフフフフフ」

「やはりジュラル星人、お前たちの仕業か!」

ジュラル「子供たちに毒キノコを食べさせ、」

「みんな勉強しない怠け者にしてやろうとしたのに」
「くそ~~~それ!」

ジュラル「ヘッヘッヘッヘッヘ」

子供達「うわ~~怖いよ~~」

「こい!ジュラル星人!」

ジュラル「てやあああああああああああ」

「えい!」

ジュラル「うわあああああああああああああ」

「死ねぇ!」

「あ、離せ!離せ!」 ジュラル「それっ!」

「ひゃあっ」

「あ~くそ~!」

「えっ!」
「アッ」

ジュラル「うわっ!」

「ぎゃああああああああ」

「それ!」

ジュラル「ぎゃあああああああああああ」

キノコデブ「あ、キノコが・・・」

キノコデブ「研どうもありがとう」

「僕たちはジュラル星人に魔法をかけられて毒キノコを食べていたんだね」
「これからはちゃーんと勉強するぞ~」

モチ代「私も!」

「俺も!」

渚先生「私たちの住んでいる地球のず~っと大昔には」

「恐竜や爬虫類がたくさん生存しておりました」

「みんな真面目に、勉強している」

渚先生「泉くん!」

「あ、はい!」

渚先生「よそ見なんかしないで、真面目に勉強しなさい」

「はあい先生、エヘヘ、エヘヘヘヘヘ」