捨て犬コロ

提供: チャージマン研!Wiki
Jump to navigation Jump to search

捨て犬コロはチャージマン研の第51話である。

本編[編集]

登場人物[編集]

あらすじ[編集]

飼い主の少女の父親の転勤の為に捨てられてしまった犬のコロ。
悪ガキ共にいじめられていた所を研とバリカンに助けられ、泉家で飼う事に。すっかり研になついたコロだったが、道端で謎の2人組の男が研に罠を張っているのを察知し、研に知らせようと良井小学校まで迎えにくる。が、間一髪研は男達の網にかかってしまい、身動きが取れなくなってしまった。襲いかかろうとする男達にコロは飛びかかり身を挺して研を助ける。男達はジュラル星人としての正体を表した。ジュラル星人の放った光線を食らったコロは伸びてしまう。やっとの事で網から逃れた研は、変装してジュラル星人を倒した。
コロに駆け寄る研。笑顔の研とキャロンに、バリカンと追いかけっこをするコロ…。
それらの回想シーンを経て、コロの墓をたててコロを偲ぶ研とキャロン・バリカンの姿があった。「コロ、ありがとう…一生お前の事忘れないよ」研達はコロの墓を後にした。

概要[編集]

「捨て犬コロ」の悲劇を描いたエピソード。この回を「チャー研の中でもっとも笑えなかった話」「チャー研唯一の鬱エピソード」と評価するチャーケニストも少なくない。
本作においてサブキャラが死ぬなんてのは珍しくもなんともないのだが、この回はコロの境遇の悲惨さや、 あの研が珍しく友の死に涙を流すシーンがあることから独特の余韻を醸し出しているのである。

だが、この回はそれ以外にも一際異質な回となっている。
まず作画。そこ、「チャー研の作画がおかしいのはいつもの事だろ!」とか言わない。キャラの線画がかの「タイガーマスク」のように非常に荒く描かれており、研達の顔やバリカンの体にどこか違和感を感じる。ジュラル星人の作画も他の話と大分異なり、バンクの絵と比べると違和感が大きい。
次に舞台設定。未来世界が舞台にも関わらず、昭和の町並みのような板塀が描かれていたり、なにより研の通っている学校の校門に「良井小学校」と書かれており、怪奇宇宙植物園での馴れーションの解説と矛盾している。
以上の事からチャー研においては浮いた部分の多いエピソードとなってしまっている。「これはパラレルワールドの世界の物語なのでは」「このエピソードは(タマプロ以外の)外注なのではないか」と考察する者もいるくらいだ。

他にツッコミどころを挙げるとすれば、悪ガキ共のコロを虐めているSEがやたらと物騒だったり、回想シーンが分かりづらかったり(初見の視聴者は「え?コロは生きてたの?」と勘違いしてしまう)、後の松本さんの墓より立派なコロの墓…等といったところか。

台詞[編集]

捨て犬コロの台詞書き起こし