捨て犬コロ

提供: チャージマン研!Wiki
Jump to navigation Jump to search

捨て犬コロはチャージマン研の第51話である。

本編[編集]

登場人物[編集]

あらすじ[編集]

犬のコロに別れを告げる飼い主の少女。父親の転勤による引っ越しのため、コロを連れていけないのだという。断腸の思いで少女はコロを置いて去っていった。

バリカンが歩いていると、コロが悪ガキたちにいじめられているところに出くわす。止めようとするバリカンだったが、締め出されてしまう。だがその後が現れ、悪ガキたちは退散していく。コロを家に連れ帰った研。研、バリカンキャロンはコロを家に置いておくことにした。その様子を陰から見る怪しい男2人組。「今日こそ奴の命を…」。

研の家を出てどこかへと走るコロは、怪しい2人組の男を見つける。彼らは研の下校時を狙おうとしていた。鐘が鳴り、(良井)小学校から下校する子供たち。コロに会いたいとばかり駆け足で帰る研。途中、コロが研に向かって走ってくる。喜ぶ研だったが、罠にかかってしまう。そこに男たちが現れる。コロは男たちにとびかかるが、払いのけられ、正体を見せたジュラル星人が放った光線を受けてしまう。罠から抜け出した研は、変身しジュラル星人2人組を倒す。コロに駆け寄る研。しかしコロが目を覚ますことはなかった…

短い間ながらも、研たちと楽しく過ごしていたコロ。研たちは墓を建て、コロを弔った。「コロ、ありがとう…一生お前の事忘れないよ」。

内容について[編集]

  • 「捨て犬コロ」の悲劇を描いたエピソード。この回を「チャー研の中でもっとも笑えなかった話」「チャー研唯一の鬱エピソード」と評価するチャーケニストも少なくない。本作においてサブキャラが死ぬのは珍しくもなんともないのだが、この回はコロの境遇の悲惨さや、 あの研が珍しく友の死に涙を流すシーンがあることから独特の余韻を醸し出しているのである。
  • 作画や設定の面で他の話と異なる部分が多く、チャー研においては浮いた部分の多いエピソードとなってしまっている。「これはパラレルワールドの世界の物語なのでは」「このエピソードは(タマプロ以外の)外注なのではないか」と見る者もいるくらいだ。
    • 作画の雰囲気が違う[1]。キャラの線画がかの「タイガーマスク」のように非常に荒く描かれており、研達の顔やバリカンの体にどこか違和感を感じる。ジュラル星人の作画も他の話と大分異なり、バンクの絵と比べると違和感が大きい。
    • 未来世界が舞台にも関わらず、昭和の町並みのような板塀が描かれていたり、なにより研の通っている学校の校門に「良井小学校」と書かれており、怪奇宇宙植物園での馴れーションの解説と矛盾している。
  • ほかにも、悪ガキ共のコロを虐めているSEがやたらと物騒だったり、回想シーンが分かりづらかったり[2]、コロの墓が第62話の松本さんの墓より立派なところがツッコミどころか。

台詞[編集]

捨て犬コロの台詞書き起こし

脚注[編集]

  1. そこ、「チャー研の作画がおかしいのはいつもの事だろ!」とか言わない。
  2. 初見の視聴者は「え?コロは生きてたの?」と勘違いしてしまう