宇宙ロケットZ9号

提供: チャージマン研!Wiki
Jump to navigation Jump to search

宇宙ロケットZ9号 -はチャージマン研!の第28話である。

本編[編集]

登場人物[編集]

あらすじ[編集]

宇宙開発のため、馬鹿でかい工場では、ノーマット達により[[一部の狂いも無い点検に点検を重ねられて>一部の狂いもない点検に点検を重ねて作られているのが、分かるだろう?]]ロケットが作られていた。

工場の技師長である山村博士は、新型ロケットZ9号の図面を、怪しい男達に100億円で売りつけていた。しかし金を受け取った山村博士は光線銃(通称:アクアフレッシュビーム)で男を殺害し、図面も回収する。

その後、航空局の人間を装い、男の仲間が図面を奪いに現れる。逃げる山村博士はノーマットをけしかけるが、男達が目から放った光線により次々に消されていく。

倉庫に逃げ込んだ山村博士は、その場に居た研に助けを求める。研は自分が工場長からの密命を受け、動向を探っていたこと、受け取った100億円が銀行から盗まれたものだったことを&s(){偉そうに}語りだす。男に周囲を取り囲まれ、チャージマンに変装する研。男に変装したジュラル星人を順調に倒していく。背後から隙をつかれそうになるが、山村博士に救われる。

山村博士を警察に突き出す研。美味しいものを差し入れに行くことを約束し、山村博士を乗せたパトカーを見送る研の上空を、Z9号が飛び去っていった。

概要[編集]

研の「上から目線」が際立つ回。 「おい、助けてくれ!」と怯える山村に対して眉ひとつ動かさずに、高い所に腰掛けたまま「あなたは、人類を裏切ろうとした」と言い放ち、ラストの会話でも「ぼく、時々、おいしいものを差し入れに行きますよ」と言ってみたりとその態度は発揮されている。 また、[[放火魔>雄一少年]]等は見逃しておきながら山村博士だけ警察へ突き出したのも疑問に残る(博士自身が自首したとも考えられるが)。

台詞[編集]

馴れーション「ここはロケット工場。この馬鹿でかい工場の中で宇宙ロットがどんどん作られているんだ。」
    「この工場で働くのはほとんどがロボットで、人間の技師たちは指示するだけなんだ。」
    「一部の狂いもない点検に点検を重ねて作られているのが、分かるだろう?
    「もちろん、これら宇宙ロケットは、宇宙開発という平和利用が目的で作られているんだ。」

ジュラル「山村さんか。」
山村博士「そうだ。持ってきたぞ。監視の目が光ってるからな抜け出すのに苦労したぞ。ほしいのはこれだな?」
ジュラル「そうだ!そいつだ!」
山村「金が先だ。持ってきたか?」
ジュラル「お前の言う通り100億円だ」
山村「新式ロケットZ9号の図面なら高くはないさ。」
ジュラル「ふっふっふ、これさえ手に入れば...」
ジュラル「うおぉ!」
山村「へっへっへっへっへ。100億円か、ワシのものだ!ワシのな!はっはっはっは」

山村「No.2、ロケット噴射!」
ロケット工場の秘書「技師長。航空局の方たちがみえました。」
山村「航空局?変だな、何も聞いていないが…よし、すぐ行くと伝えてくれ。」

山村「やぁ...おまた...き、君たちは!」
ジュラル「Z9号の図面をもらいに来た。おとなしく渡してもらおうか。」
山村「何を言っているんだ!ロボットを呼ぶぞ!帰れ!」
'ジュラル「しらばっくれるな。よくも仲間を殺してくれたな!」
山村「助けてくれ!」
ジュラル「待て!」
山村「助けてくれ!」
ジュラル「待てー!山村!待てー!」
山村「助けてくれ!おぅい!ロボット!」
山村「助けてくれ!」
ジュラル「待てー!山村!待てー!」

山村「あ、くそ、行き止まりだ。」
ジュラル「こっちだー!あの倉庫の中だ!」
山村「うぅ...殺される...殺される!あ!」
山村「おい、助けてくれ。」
「あなたは人類を裏切ろうとした…!」
山村「な、何?!」
「ぼくは工場長の秘密の頼みであなたの怪しい行動を探っていたんですよ。」
山村「俺は奴らに何も渡していない!」
「あなたが奪った百億円は昨日銀行から盗まれたものなんです!」
山村「な、なんだって!」
ジュラル「山村、図面を渡せ!」
山村「助けてくれ!」
ジュラル「さあ、死にたくなければ早く出すんだ!出せ、山村!」
「そうはいかないぞ!」

「チャージング、GO!!」
「ハー!」
ジュラル「ギャー!」
「それ!えい!」
ジュラル「ギャー!」
山村 「あっ!危ない!えい!」
ジュラル「ぎゃ!」
「あ!」
ジュラル「ぎゃあああああああ!!」

山村「研君、すまん…私が悪かった…許してくれ。」
「工場長は待っていてくれるといっていますよ。僕、時々おいしいものを差し入れに行きますよ。」
山村「研君、ありがとう!」

「あっ。Z9号だ!」

余談[編集]

山村博士が航空局の人間の待つ場所へ向かう際に乗っていた乗り物のデザインが、ゲーム「ファンタジーゾーン」シリーズの主人公オパオパに酷似している。