ファッションモデルを消せ!

提供: チャージマン研!Wiki
Jump to navigation Jump to search

本編[編集]

登場人物[編集]

あらすじ[編集]

研、バリカン、キャロン、ママの4人は、ファッションモデルショーを見に行っていた。
楽しそうなママとキャロンとは対象的に、退屈そうな研とバリカン。そんな中、研とバリカンがトイレに向かうと、楽屋の方から悲鳴が聞こえてきた。急いでそこに向かうと、そこには倒れているファッションモデルと謎の男が。謎の男は、研に気づくなり大急ぎで逃げてしまった。
研はファッションモデルに何があったか訊ねるが、ファッションモデルは怯えた様子で話そうとしない。
そこに、ドアの向こうに謎の影が現れる。悲鳴を上げるモデル。しかしドアの向こうに立っていたのは、出前に来たラーメン屋さんであった。
「なんだぁ、ラーメン屋さんかぁ」と安堵する研。しかしファッションモデルは、すでに逃げ出してしまっていた。
街の中を全力で走るファッションモデル。そして建物の物影に隠れ、回想を始めた。ちょうど回想が終わったあたりに、ジュラル星人達がファッションモデルの前に現れる。「お前は見てはいけないものを見てしまった…死んでもらうしかない!」
「待て!」その声と共に、研が駆け付けた。早速変装し、ジュラル星人を片づける研。その後、ファッションモデルを仕事場までスカイロッドで運ぶ。無事にモデルショーに間に合ったモデルは、客席にいる研に向けてウインクする。それを見た研は、頬に擦り傷を作る頬を真っ赤にするのであった。左手で股間を握っている

備考[編集]

この回にのみ登場するチントン亭だが、その意味も無い唐突な登場や空気の読めなさでかなりの存在感を示している。
音MADでは、彼がドアを開けるときの音(通称:ドアドラム、チントンドラム)がよく使われる。→ちんとん亭
タイトルは一見意味不だが「ハイジャックをやっつけろ!」と同じくジュラル視点だったり。

ところでやたらハニートラップに弱かったり、過去には先生の水着姿が見られると喜んだりしてた研だが、今回は水着ショーそのものにはなぜか終始無関心である。
もしかして、手の届きそうにない女性には興味がないタイプなのか。

台詞[編集]

実況「水着のオーロラがおくるニューモードの数々です。」
「エイのように優雅に泳ぐあなたのために。」
「おへその気圧調節ボタンを押せば、どんなに深い海底の散歩も自由自在。」
「めんどくさがり屋さんにはスクリュー水着。」

キャロン「素敵だわー。
「あーあ、退屈だなぁ。」
バリカン「あれ、汚い研坊!自分のは全部食べちゃったくせに!」
「いいじゃないか。よこせよ。もー。」
バリカン「やだよ。やだよ。やだよ。やだよ。」
ママ「研もバリカンも静かにしなさい。」
バリカン「はい」
「ちぇー」
実況「さて、オーロラが自信を持っておくるカプセルサマーの最新型、空中を泳げる水着でーす。」
キャロン「ねーママ。あれすごいわ。」
ママ「でもちょっと派手ね。」
「僕トイレ」
バリカン「オイラも!」
キャロン「行ってよ!」
ママ「二人ともロビーに出ていなさい。」

ファッションモデル子「キャー!」
「あ!」
バリカン「あれ楽屋の方だよ!」

「あ。」
バリカン「お?」
ジュラル「お!」
バリカン「あいた!いって~。」
「君、しっかりして。」
ファッションモデル子「あたし狙われているんだわ。」
バリカン「ねえ、話してごらんよ。」
パパ「ダメ!誰かが見てる!話せば殺されるのよ!」
「僕が守ってあげるからさ、ねえ?」
ファッションモデル子「いや!ほら、あそこ!あ!」
「だ、だれだ!?」
チントン亭「ちわー!チントン亭ですが、チャーシューメン3つ持って来ました。」
「なんだ。ラーメン屋さんか。」
チントン亭一体何がどうなってんの?

ファッションモデル子「はぁ。はぁ。殺される。」
ガヤ「なんだあれは?どうしたんだろ。なんだ。」
ファッションモデル子「殺される。もうだめ!あ!はぁ。はぁ。もうだめだわ!」

ファッションモデル子「ふぁ~。なにかしら?アッ!あ!」
ジュラル「だれだ!?そこにいるのは!」
ファッションモデル子「助けてー!」
ジュラル「待てー!」
「くそ、人込みの中に潜りこみやがった。」

ファッションモデル子「アッ!」
ジュラル「お前は見てはならぬ物を見てしまった!」
ファッションモデル子「やめて!あたし何も知らない!何も見てない!」
ジュラル「死んでもらうしかない!フフフフ」
ファッションモデル子「あー!」
「待て、ジュラル星人!」
ジュラル「き、貴様!」
「チャ―ジンGO!」

「あー!」
ジュラル「うお!」
「それ!」
ファッションモデル子「あ!」
ジュラル「くそー!」
ファッションモデル子「あ!」
「えい!」
ジュラル「うおー!ギャー!」
「さ、もう大丈夫だよ。」
ファッションモデル子「ありがとう。そうだわ!あたしステージに戻らなけれは!」
「大丈夫さ。スカイロッド号でひとっとびだよ。」

実況「宇宙時代の色、海辺で泳ぐあなたは燃える太陽!」
キャロン「あら、お兄ちゃん!」
ママ「随分長いトイレだったのね。」
「まーね。」
バリカン「あれ、研坊ったら赤くなってりゃ。ひひひひひ」
「待てー!