シンデレラの少女

提供: チャージマン研!Wiki
Jump to navigation Jump to search

シンデレラの少女は、チャージマン研!の第41話である。

本編[編集]

登場人物[編集]

あらすじ[編集]

両親が亡くなり遺産もなく無一文なために親戚に預けられるも食事もろくに与えられず奴隷のような扱いを受けていた少女、ルミ子。ある日、継母の娘達はおめかしを航空会社の社長の息子でお金持ちの三郎くんの誕生日パーティーに出かける。
いつものように継母にいじめられているルミ子の前にナゾの男が現れ「君も楽しいパーティーに行きたくならないかね?」とたずねる。戸惑うルミ子に「行ってきなさい」と男は目から光線を放ちルミ子の服は綺麗なドレスへと変える。そして、継母にお金の入った袋(中身は蜂)を渡しルミ子を自由にしパーティー会場へ連れて行く。
パーティー会場では三郎くんとダンスを踊ろうと三郎くんを取り合う継母の娘2人。そこにルミ子が登場し、見事に三郎くんの心をとらえ一緒に踊ることに。
一方、裏では航空会社の社長宅である三郎くんの家に侵入し新型旅客機の設計図に細工をしようとする怪しい男達がいるところを「ダンスなんてつまねぇや」と他人の家の中をうろついていたバリカンが発見。「ど、どろぼうだー」と言っておきながら家の人でなく、何故か研にだけ報告。
男達の正体はジュラル星人でルミ子をパーティーに参加させみんながルミコに気を取られている間に旅客機の設計図に細工をするという作戦だった。 ジュラル星人の姿を現し研と戦闘になるも家の人間の誰にも悟られることなく倒された。
その後、継母の娘2人は「乱暴で下品な人はもう二度と三郎お坊ちゃまに近寄らないでください」と会場から追い出される。三郎くんに気に入られたルミ子は楽しい時間を過したのだった。

概要[編集]

タイトルの通り元ネタは「シンデレラ」。名作童話もナックがアレンジすればこんなストーリーになってしまうのだ。
ルミ子が最後どうなったかは語られていないが状況を見るに家には帰れそうに無い。そのまま三郎君のところにお世話になるのだろうか?いずれにせよ幸せになってほしいものである。

継母の娘が「あたしミリキ的?」と尋ねるシーンが時代を感じさせる(魅力をミリキと読むのは一種の流行語。当然今や死語)。

作戦に利用していたとはいえ一人の少女を救ったジュラル星人。まさしく、ジュラル聖人というにふさわしい。

男達を発見したときはバリカンが「ど、どろぼうだー」と言っていたが、報告を受けて男達のところに来た研は出会い頭いきなり「そうはいかないぞ、ジュラル星人!」と正体を見破っている

今回はジュラル星人の叫び声のテンションがいつもと違う。また、研がチャージマンになる際のSEがこの回から一新されている。 戦闘では研の足を掴み地面に叩きつける一撃を与えるも何事もなかったようにアルファガンを放つ研に瞬殺された。

台詞[編集]

シンデレラの少女の台詞書き起こし