ガールフレンドが出来た

提供: チャージマン研!Wiki
移動先: 案内検索

本編[編集]

登場人物[編集]

あらすじ[編集]

バリカンと二人乗りで自転車を漕いでいた研は、道を歩いていた女の子とぶつかりそうになり(SEがサボってるだけでぶつかった可能性あり)女の子が持っていたリンゴを落とさせてしまう。そして研は女の子に一目惚れしてしまう。

研「……っあ、君っ…!……あっ…!……君ぃ…。あぁぁ…君、大丈夫かい?(女の子「ええ」)ぁぁ…///」これはひどい

二人でリンゴを拾っているうちに手が触れ合って研が顔を赤らめたり、とお約束シーンを経て、研は女の子を自転車で家まで送ることに。バリカンは自力で走らせる。

聞けば両親はまだ田舎から越して来ず、一人暮らしをしているという女の子、ミユキを家に誘う研。「家族を紹介します」と言いながらバリカンをガン無視する研。バリカンが腹立ちまぎれにハーモニカを吹くと、突然ミユキが苦しみだした。研の静止も聞かずバリカンがハーモニカを吹き続けると、なんとミユキはジュラル星人の正体を現した。

ジュラル「くそー後一歩と言う時に、苦しいあの曲グァー

研は、窓を突き破り耳(?)を押さえて逃走するジュラル星人を、背後からの攻撃で倒す。

事件が一段落して、さっき吹いた曲を思い出すよう求める研にバリカンは「あれはねぇ、バリカン音頭さ」とおどけてみせる。本当は腹立ちまぎれの即興で、吹けと言われてもう一度吹けるものではなかったのだ。「せっかくジュラル星人の弱点がつかめたと思ったのに」と残念がる研であった。

概要[編集]

冒頭のサブタイトルをよく見ると「ガ」の濁点がハート形になっている。研の言動とバリカンの扱いがことごとく酷い回。女の子に目がくらんでバリカンを置き去りにするし、ミユキちゃんが「あのロボットさんは?」と気遣うと「あいつ、ここで降りたいと言ってたんですよ(笑)」。

家では家族として紹介しないどころか、存在に触れようともしない。さらにはバリカンのハーモニカでジュラル星人が正体を現した時も「奴らは、ハーモニカの音が苦手なのか?」とは微塵も考えず、バリカンの演奏が酷いせいだと決め付ける。まあ、本当に酷いんだけど。

「バリカン音頭」をその内ひょっこり思い出すよ、と冗談を言うバリカンに「頼りにならないなぁ」。結果的にとはいえ、ジュラル星人の罠を見破って自分の危機を救ってくれた相手に言うか。ちなみに、後にも先にもバリカン音頭が活躍したのはこの回だけだった。

この回の研は妹のキャロンもデブ扱いして小馬鹿にしておりとにかくウザい。他にも逃げるジュラル星人を後ろから撃つという「ヒーローとしてどうなの?」と感じる攻撃を見せた。

台詞[編集]

「~♪(口笛)」
バリカン「(メリーさんの羊?の鼻歌)」
バリカン「研、こんなにのんびりじゃ夜になっちゃうよ。もっと飛ばしてよ」
「よーし!ぶっ飛ばすぞー」
バリカン「OK!ひゃああ!ヒイ」
バリカン「ヒ、ヒィィ」
「アハハハ、バリカン、怖いのかい?」
バリカン「へ、へ、平気平気ィ」
「アハハハハ、何だバリカンのやつ」
「アッ!」
ミユキ「アァ」

ミユキ「あ、困っちゃったわ」
「あ、君…あっ!」
「君…あぁ…君、大丈夫かい?」
ミユキ「ええ」

「あぁ…///」
バリカン「ちぇ、何やってんだーん」
「この近くなんですか?」
ミユキ「ええ、この少し先なんです」
「じゃあ、僕送りますよ」
ミユキ「でも」
「いいから、僕に送らせてください」
ミユキ「悪いわね」
バリカン「お、お、おい、ちょっとおい研~」
ミユキ「あ、あのロボットさんは?」
「あ、あいつここで降りたいって言ってたんですよ」
ミユキ「そう…」
バリカン「研!そんなのないよぉ~研~」
バリカン「ちきしょー」

「へぇ、君一人ぼっちでこの家に」
ミユキ「そうよ。最近引っ越してきたばかりで父や母はまだ田舎にいるの」
「へぇ、よく寂しくないな。ねぇ、今度の日曜家に遊びにこない?」
ミユキ「まぁ、本当?うれしいわぁ」

「ま、待ってます!(マッドマス)」
「じゃ、さよならー」
ミユキ「どうもありがとう、じゃ今度の日曜きっといくわねー」
「えへへへへへアハハハハ」
「ヒャッホー!うれしいなー」

「じゃ、僕の家族を紹介します」
「父と母です。そして妹のキャロンです。」
キャロン「はじめまして」
バリカン「ん~~ホッ」
「友達のミユキさんです」
ミユキ「よろしく」
バリカン「あら、こっちこっちこっちほら」
「さぁ、ケーキをどうぞ」
ママ「さ、お気に召すかどうか?」
キャロン「どうぞー」
バリカン「んーー!(怒る)」
バリカン「ちきしょー、俺を無視しやがってー…ちきしょー」
ミユキ「あら美味しそう、でもあたし太っちゃうから…」
「なあに、気にしてたら何も食べられないよ。でも、妹みたいにはならないでね」
キャロン「まぁ!お兄ちゃんったら知らない!」
一同「アハハハハ」

ミユキ「あぁ、ああーやめてーやめてあの曲止めてー」
パパ「どうしたんだね?」
ミユキ「くるしぃ…お願いだからその曲…」

「こら!バリカンやめるんだ!やめろ!」

「あ、キミ!」
ミユキ「止めて止めて止めてー…止めてー…」

「あ、ジュラル星人」
ジュラル「くそぉ、あと一歩という時に苦しいあの曲ぐぅああああ、う゛ぅ!」
「待て!待つんだ!ジュラル星人め!」

チャージングGO!

「はぁー!」
「それ!」
ジュラル「う゛!あああああああああああ」

「ガールフレンドができたと思ったのにな」

「バリカン、さっき吹いた曲を思い出すんだよ」
キャロン「ねぇ、バリカンったら」
バリカン「んー、ありゃねー、バリカン音頭さ」
「バリカン音頭?」
バリカン「というのは嘘なんだ。もいちど吹けったってもうダメだよ」
「えーー、せっかくジュラル星人の弱点をつかめたと思ったのにな」
バリカン「ま、そのうちひょっこり思い出すよ」
「ちぇ、頼りにならないなぁ」

影響を与えた作品[編集]

  • 映画「マーズ・アタック!」(1996・アメリカ)